新宿 保険相談

新宿駅の保険相談情報

 

 

東京都の一番大きなターミナル駅である新宿駅付近には数多くの生命保険相談ショップが存在します。中央線、総武線、埼京線といったJR線や丸ノ内線や副都心線、有楽町線といった東京メトロ。
大江戸線、都営新宿線といった都営地下鉄線、京王線や小田急線といった私鉄も走る日本有数のターミナル駅こそ新宿駅なのです。
新宿駅近くは新宿西口だとビジネス街でありますし、東口にはショッピング店・飲食店も多く、歌舞伎町もあります。南口も代々木・渋谷へ続く通りは賑わってます。
新宿には保険相談窓口が多いですが、保険相談ショップ以外にも数多くのお店が貫いているのです。新宿には日本生命、アフラック、第一生命、明治安田生命といった保険会社だけでなく、保険代理店と言われる乗合の保険ショップもあります。
ほけんの窓口や保険見直し本舗、ミツバチ保険はもちろんのこと、訪問型のサービスを展開している保険マンモスや保険のビュッフェの相談も喫茶店などでできます。
どの保険相談ショップも生命保険や学資保険はもちろんのこと、いざ入院・手術した時に役立つ医療保険やガンになった時に大きな保証をしてくれるがん保険、
一生涯の死亡保障が付いてくる終身保険、死亡保障と生存保証がセットになった養老保険、国の年金を補う役目の個人年金保険など生命保険会社が取り扱う保険種類全ての取り扱いと提案ができます。
しかも保険相談ショップによっては保険会社の取り扱いが40〜50社近くもあるので日本にある生命保険会社商品を比較した上で、自分の状況にあった損のしない保険選びができるメリットがあります。
新宿の保険相談窓口で誰もが知っているだろう有名店を挙げておきます⇒・みつばちほけん新宿タカシマヤタイムズスクエア店・保険見直し本舗新宿アイランドタワー店・ほけんの窓口新宿センタービル店・ほけんの窓口 新宿南口店・保険クリニック新宿店・ほけんの窓口新宿支店です。
各店舗新宿駅の西・南・東口それぞれに店頭を構えているため、勤務先や新宿駅からの移動方法に応じて、好きな店舗・行きやすい店舗があり便利です。
保険のビュッフェや保険マンモス、保険の時間といったファイナンシャルプランナー(FP)を紹介してくれる訪問型の保険相談サービスも新宿で相談可能です。
喫茶店といっても基本的にはファミレスで相談です。資料を広げたり、隣との席間を保つためにもボックス席が話しやすいからです。
ファミレスが難しいならルノアールとかコメダといった話しやすい喫茶店での相談がいいでしょう。ファイナンシャルプランナーも保険の話をする際には、隣にお客さんの個人情報を聞かれないようにしたいため、広々した店舗を希望する場合が多いようです。
新宿駅付近には数多くのファミレスやルノアールがあちこちにあるので訪問型の保険相談サービスも選択肢に入れるべきでしょう。
数多くの保険会社商品を取り扱うファイナンシャルプランナーに相談するメリットは中立的な立場で相談してくれて、自分にあった保険を紹介してくれることです。
保険のビュッフェ等の訪問型の保険相談サービス会社はキャンペーンで商品券が付いてくる場合もあるので是非利用したいところです。

ファイナンシャルプランナーへの相談のデメリットは時間がかかることでしょうか。ファイナンシャルプランナーは知識が豊富で提案事項が多いため面談時間がかかってしまいがちです。
小一時間、仕事の休憩時間で相談する時間はないと思ったほうがいいでしょう。仕事帰りや土日を使って2時間くらい時間を使って面談するのが基本なので気をつけましょう。
保険相談すると自分が知らんかった保険会社の商品を知れたり、利率のいい保険、保険料の安い保険、根本的な保険の選び方、保険に入るタイミング、保険の必要性、学資保険の選び方等が聞けます。
インターネットで調べても素人にはわからないことばかり。ファイナンシャルプランナーのような専門家に保険相談する時間を割くと無駄な出費をすることもなく、適正な保険を選べるので後々便利です。
新宿で評判のいい会社や口コミがいい相談窓口を調べてあなたは保険ショップ選びをすることでしょう。生命保険等を選ぶ時のポイントはいくつかの保険相談ショップを回って意見を求めることです。
保険相談ショップの中にはいくら中立的な立場だからといって手数料の高い保険会社商品を勧めてくる担当者もいます。
手数料重視でお客様が学資保険を考えているのに低解約終身保険ばかり勧めてくるケース。医療保険でも手数料が稼げる保険会社を勧めてきたり。。
通常、保険代理店(保険相談ショップ)によって手数料が変わるので、いくつかの会社から提案を受けてから保険は契約するようにしましょう。
ネットの保険商品の評判や相談サイトを使ってみるのもいいかと思います。まして新宿には数多くの保険相談窓口があるのですから、相談しない手はないですね!
保険相談ショップへ行く時の注意点として、加入している生命保険等があるのなれば契約内容がわかる保険証券や保障内容が書いてある用紙を持っていくことをおすすめします。
わざわざ仕事帰りや電車に乗って新宿まで行ってお店に行くわけなので、効率的に相談するためにも契約内容が書いてある紙を持っていくのは基本です。
各ショップにいる相談員としては提案しやすいですし、あなたのようなお客さんとしても話している内容が分かりやすくなるのです。
初回の面談で印鑑や保険料を支払うお金、通常などは持っていく必要はありませんが、ぼんやりとした保険の話にならないように保険相談ショップへ行く前には適切な準備をしていきましょう。

 

 

保険に入ろうと思ったきっかけ

 

私が保険に入ろうと思ったきっかけは、自分自身の病気でした。

 

社会人になったら自分で保険に入らないとと思っていたのですが、保険の仕組みがわからず、また保険会社もたくさんありどのようにして選べば良いか分からなかったので、ずっとほったらかしにしていました。

 

社会人になった3年目の5月、何となく視野に異変を感じ眼科を受診したところ、網膜にごく小さい穴が空いていることがわかり、放置しておくと網膜剥離に至る可能性もあるとのことだったので、すぐにレーザー治療を行いました。

 

その治療費が約3万円かかり、すごく驚きました。
もし保険に入っていればいくらか自己負担は少なかったのではと思い、保険に入ろうと決意しました。

 

保険のビュッフェさんに相談して、よく保険を比較検討した上で、決めた結果メットライフ生命に加入することとなりました。

 

もし、この治療をしたときに保険に加入していれば約10万円の補助があったそうで、もっと早く加入していれば良かったと後悔しました。

 

その後も継続して眼科に通院していましたが、レーザー治療を行った2ヶ月後に網膜剥離となり、入院・手術が必要となりました。
医療費を保険金で全額賄うことはできませんでしたが、しばらく仕事もできなかったのですごく助かりました。また、半年間の通院治療費の補助もあったため、お金に心配することなく通院も継続することができました。

 

保険に入るきっかけってなかなか見つからないものですが、社会人になったらまず考えてほしいと思います。自立した生活、将来の結婚を考えると、加入していたほうが安心です。

 

保険の見直しの経緯・タイミング

私は35歳になったことをきっかけに、保険の見直しを行いました。きっかけは単純明快!きっとこれからも結婚せず、独身で生きていくのだろうなと思ったからです。
もしもの時に備える必要感じてのことでした。

 

さっそく、職場の同僚に、梅田 保険相談できるファイナンシャルプランナーさんを紹介してもらい、保険の見直しを行いました。

 

実際に保険の見直しをして思ったのは、とにかく早く、保険について真剣に考える必要があったと言う事!
それまで私は、学生時代に親が入ってくれていた保険に直入り続けていました。保険の内容も知らずに、毎月保険金を納めていたわけです。今思えば、よく知りもしないものに、お金を払い込んでいたんだなぁ、と思います。
保険内容は、学生としては自分でも社会人となった今将来を見据えては、不十分なものでした。

 

真剣に保険について考えたことで、終身保険の必要性に気づき、自分が入る保険の補償内容についてもしっかりと把握することができました。

 

保険の仕組みはある意味単純です。
1つでも年齢が若く、病気などを持っていない方が有利な条件で保険に加入することができます。
35歳で保険の見直しを行った私ですが、もう5年でも早く見直しておけばよかったなと後悔しています。
もし、保険の見直しをお考えの方がおられましたら、早いタイミングで行うことをお勧めします。